読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

フェイクゲーム 未来強奪

フェイクゲーム 未来強奪 (電撃文庫)

フェイクゲーム 未来強奪 (電撃文庫)

 

予知能力者。それは未来を見て、よりベストな道を選ぶことができる者。では予知能力者同士が戦うと…?ふとした事故によって、予知能力を手に入れた高校生、新藤陽太。ある日、学校の美しき才女・若月美登利に「あなた、未来が視えるわね?」と詰め寄られる。彼女が言うには、二年前に東京で起こった連続殺人事件には予知能力者が関わっていて、その犯人が、陽太たちの住む街にやってきているのだという―。命を賭けた決死の頭脳戦が開幕する!!

 

予知能力者VS予知能力者。未来の先を読む頭脳戦。

予知能力の未来が変わるタイミングを読んだ頭脳戦は緊迫感があってすごい良かった。予知能力者は予知能力者の未来を見れないとか、他人がいなければ能力を使えないとか、他人が必要だが足手まといにもなるという絶妙さ。

個人的には乃那や秀一にももっと活躍して欲しかったが、危険なことにはそうそう巻き込めないよな。麗美さん可愛かったな〜。

しかし時間さえあれば予知能力便利すぎるな。試行回数稼げばかなり望む未来を手に入れられるんじゃないか。

次回作も楽しみ。