読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9

感想 GA文庫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)

 

「モンスター……ヴィーヴル?」新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。「竜女か──久々の上玉だ」忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾! 「ベル……大好き」これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】── 

 

第三部突入! いきなり上下巻構成。

またベルが女の子を拾ってくる。今回は竜の少女。人の言葉を話し知性もある怪物を相手にどう接するのか。

一気にダンジョンの秘密に迫る。まさに新境地という感じで面白くなってきた。

これまで謎に包まれてきたウラノスがこんな秘密を握っていて、そんなことをしていたなんて。しかしこれほどの秘密、公になればどうなるやら、都市が割れるでは済まないだろうな。

春姫の母性良い。ファミリアの家族って感じいいよな。

これはなかなか厳しい道になりそうだが、ベルたちは異端児の事を知りどうするのか、これからも楽しみ。

下巻も待ち遠しい。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com