読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5)

感想 電撃文庫

未知なる戦場「海上」で手痛い敗北を喫したイクタたち、カトヴァーナ海賊軍。驚異的な破壊力を誇る「爆砲」を装備するキオカ海軍に対して、もす戦略的撤退しかないと軍議がまとまりそうになったとき、海戦に関しては門外漢のはずの、ある少年が、爆砲艦への有効な対抗策を提言するのだった―。「肉を切らせて骨を断つ」がごとき、血で血を洗う激烈な海戦が幕を開ける!話題の本格派ファンタジー戦記、待望の5巻が登場。命ギリギリの容赦ない戦いは、激しさを増すばかり…!

 

キオカ海軍に対して再戦を挑むイクタたち、そして事態は動き出してしまう。ファンタジー戦記第五弾。

海戦もマシューが活躍したりと良かったのだが、後半の怒涛の展開がすごすぎた。

マシューの成長そしてついにマシューに春が……!

そんなこんなでヒオレド鉱山攻略に援軍として向かう。そこでレミオン大将のクーデターが起きたと知る。

ヤトリはイグセムとして呼び戻される。帝国が真っ二つ割れる中ついにイクタがバダ・サンクレイの息子、イクタ・サンクレイとして立ち上がる。

イクタの演説超絶熱い! 演説ってやっぱりすごくいいな。心沸き立つ。

これで三つ巴だが、どうなっていくのか楽しみ。