晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

オレと彼女の萌えよペン (4)

オレと彼女の萌えよペン (4) (ファンタジア文庫)

オレと彼女の萌えよペン (4) (ファンタジア文庫)

 

修学旅行が終わってから、茉莉のテンションが妙に高い。ラブコメを教えるからと言って、水着にエプロン姿で手料理を食べさせてくるように。俺の萌え理解も順調な中『BATTLE IDOL!』の評判も上々で、なんとサイン会も催されることになった。だけど…そこにエミリちゃんがいない、そんな現実が辛かった。このままじゃダメだとエミリちゃんに会って説得を試みた俺は、何がなんでも思い直してもらうと意気込んでいたのだが―向かった先は遊園地で!?しかも、私の考えた男キャラになって過ごすという条件付きって、本当にこれで説得できんの!?

 

相変わらずいいラブコメ。スラスラ読めて、女の子可愛くて最高です。

今回はサイン会やらエミリちゃんとの遊園地デートやら。

とにかくエミリちゃんが可愛い。取材という名目の遊園地デート最高。ポロッと漏れる本音可愛い。ホント好き、抱きしめたい。エミリちゃんにはこれからも頑張って欲しい。

茉莉は相変わらず泉に萌えを教えようとベタなラブコメイベントを狙ってか天然かわからない感じで起こしてて可愛い。

サイン会先では一ノ瀬さんともかなり打ち解けてきて、泉のライバル宣言に反応したり、お姫様抱っこされてたりと可愛い。

サイン会のエピソードは作者の体験談ほぼそのままということもあり良かった。

さて、ドラマCD化とまたいろいろと関わる人が増えそうで次巻も楽しみ。