読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)

感想 電撃文庫

軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう…。イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった―。非情な運命は、二人の未来をどう変えることになるのか?話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!

 

聞きしに勝る素晴らしい巻だった。

しかしながら何が起こるかは大体知っていたのでそれが残念といえば残念。まあそれはリアルタイムで追えてなかったのが運の尽き。

ヤトリ回。ヤトリの全てがこの1冊に詰まっている。

しかしなんという運命。イクタとヤトリ2人は何故こうなってしまったのか。そこに悲しさと虚しさを感じる。何よりイクタが心配だな。

そしてまだまだ許してくれない厳しさ。シャミーユにいろいろ厳しすぎるだろ……。

次巻も非情に待ち遠しい。