晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

聖樹の国の禁呪使い 4

聖樹の国の禁呪使い 4 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 4 (オーバーラップ文庫)

 

シーラス浴場でつかの間の休息を楽しんだクロヒコ。王都へ戻った彼は、学園長マキナの紹介で『ルーヴェルアルガンの魔女』シャナトリスと出会う。禁呪の呪文書の取引を持ちかけた彼女の目的は、なんとクロヒコを弟子にすることで!?困惑する少年を嘲笑うかのように王都へ姿を現す四凶災。マキナ、シャナトリスと共に四凶災最強の男ベシュガムと対峙したクロヒコは、自らの内に宿る“獣”に身を委ね―。「戦いの後、俺が俺でなくなってしまっていたら…その時は…」禁呪を手にした少年は、自らの選択を迫られる―!!

 

前巻ののんびりとした話を挟み、四凶災との戦いで一気に盛り上がってくる。

まるでマキナがメインヒロインのようだ。

そんなこんなでクロヒコやキュリエ、セシリーがバラバラの時に四凶災に襲撃されそれぞれ迎え撃つような形に。

今巻はクロヒコの戦いと、キュリエの戦い。

クロヒコはやっぱり覚悟がすごいというか自分への執着はあまり無いというか、思いっ切りがいいよな。魔眼の使い方としてはなかなか面白い。

敵の狙いもあってセシリーが心配。

次巻残りの四凶災がどうなるのか楽しみ。