読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8)

感想 電撃文庫

国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。一方、隣国のキオカ共和国でも小さくない内紛が起こる。その鎮圧にあたったのは、当世の麒麟児ジャン少将。そこで彼は科学者アナライと出会い、進化の兆しを見せ始める。歪みを抱えたままの新生カトヴァーナ。日の出の勢いのキオカ。二国間の熾烈な戦いは、新たな局面を迎えることになる。そしてイクタは…。

 

もう許してくれと言いたくなる。

あれから2年。シャミーユは皇帝となり、人が変わったように苛烈な統治を行っていた。表紙から漂うヤバさ。

シャミーユの豹変に戸惑い怯えつつも苦しみながら奮闘するマシュー。ヤトリ、イクタの代わりになるかのようにひたすら前に進むトルウェイ。ヤトリ亡きそしてイクタ不在の中2人の姿は痛々しい。

マシューの嘆きが心に響く。

そんな中でのハロ。もうホント許してくれよ……。

次巻も楽しみだが、同時に怖くもある。早くイクタが復活してくれることを祈って。