晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (GA文庫)

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (GA文庫)

 

飛行機事故に巻き込まれた七人の高校生が目覚めると、そこは魔法や獣人の存在する中世っぽい異世界だった。突然の事態に彼らは混乱―することもなく(!?)電気もない世界で原子力発電所を作ったり、ちょっと出稼ぎに出ただけで大都市の経済を牛耳ったり、あげく悪政に苦しむ恩人たちのために悪徳貴族と戦争したり、やりたい放題!?そう。彼らは誰一人普通の高校生ではなく、それぞれが政治や経済、科学や医療の頂点に立つ超人高校生だったのだ!これは地球最高の叡智と技術を持つドリームチームによる、オーバーテクノロジーを自重しない異世界革命物語である!

 

異世界に行ってしまった超人高校生7人がいろいろしていく話。

基本的にはそれぞれが特化した才能を発揮して俺TUEEEだったり俺SUGEEEだったりする。1巻時点では役割が7人に仕分けられた、異世界俺TUEEEのスタンダードな感じ。

それはいいんだが、元の世界でも超人的な活躍をしていた彼らが異世界に行って活躍してもどうなんだという感じはあった。まあ好き勝手できるというのはあるんだが、俺TUEEEとしての中途半端さは感じた。

主人公たちが7人いるしまだ1巻時点ではそれほどこのキャラがどうとかはあまりなかったかな。みんな活躍の場面はあったし上手く構成されてはいた。

次巻から国相手に戦うようだし、本格的に盛り上がってきそうで楽しみ。