読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8

感想 GA文庫
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 (GA文庫)

 

無数の剣で磔にされた珠雫と、その前で哄笑する天音―一輝の対戦相手を決める準々決勝の戦いは、開始前の惨劇で幕を閉じた。そして迎えた七星剣武祭準決勝戦。“紅蓮の皇女”と“風の剣帝”、二人のAランク騎士は、かつてない規模で会場全体を蹂躙しつくす、埒外の戦いを繰り広げる。さらにもう一つの準決勝、“無冠の剣王”と“凶運”の戦いは―「僕、―この試合を棄権しようと思うんです」天音の思わぬ発言で波乱の幕開けとなった!どこまでも翻弄してくる天音に、揺るがぬ覚悟で対峙する一輝。最愛の恋人と約束した、決勝の舞台に向けて突き進む第八弾!

 

いよいよ準決勝、七星剣武祭も大詰めとなりステラと一輝はそれぞれ強敵とぶつかる。

珠雫がああなったまでの過程は非情に珠雫らしくて好き。一輝のためなら強引な手段にも出る姿はほんとらしい。

まずはステラVS王馬。どちらも相当な実力者ながら、ステラの成長がすさまじい。本来の能力は炎使いではなかったというのいいな。

王馬も強さにストイックだから面白い戦いだった。

そして一輝VS天音。天音の何でもありがすごい。しかしそれを上回る一輝の人間やめました感。自分で止まった心臓を動かすとかどこぞの某武偵かよ。

そして決勝戦への最高の繋ぎ。これは次巻非情に楽しみで滾る。