読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

グラウスタンディア皇国物語0

感想 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語0 (HJ文庫)

グラウスタンディア皇国物語0 (HJ文庫)

 

優しい両親と可愛い妹と共に、山で慎ましく暮らしていた七歳の少年。彼の人生は、山の神への生贄に選ばれたことで一変した。たった十日ですべてを失った少年は、やがて皇国の軍師に拾われ、数多の戦場を駆け抜け、その才能を開花させていく。少年の名前はクロム―のちに皇国で最強の軍師と謳われる男である。英雄軍師の過去を描く本編前日譚! 

 

クロムの過去を描く前日譚。

本編だとノリが軽いようにも感じるクロムだが、過去は壮絶。鳥とかトラウマになるわ。

全てを失ったクロムへの周りの優しさ。傭兵団ってなんかいいよな。しかしながらフラグビンビンに立てるから……。ああいう温かさは泣ける。

ロリフィフニスぐう可愛い。

今回はクロムが七聖として活躍する前までという感じだったが、七聖として戦うところも読んでみたいな。

という訳で本編次巻も楽しみ。