晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)

 

59階層の決戦を制し帰還に移る【ロキ・ファミリア】。だが道中、ダンジョンの異常事態により行動停止となる一行は18階層で野営を行うことに。そこにはアイズが再会を望む白髪の少年の姿が……「ベル……?」昇格の世界最速記録を樹立した少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌に陥るエルフの少女。何とか我慢しようとするレフィーヤだったが──少年がもたらす騒動に、とうとう怒りが爆発する! 「待ちなさぁ────────い!」「ひいいいいいぃいいいいいいい!?」冒険者達の束の間の休息編! これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

 

外伝第5弾。本編4、5巻の時系列。今回はいつもよりベルたち本編との絡みが多かった。その分既視感は大きかったものの、本編の隙間やより近い裏側が見れて面白かった。

レフィーヤのアイズへの憧憬ベルへの嫉妬がメインとなっていた。 

あの裏側でレフィーヤとベルが追いかけっこをしたり協力したりしてたのかと思うと面白い。

やっぱり外側から見るとベルってズルく感じるよな。あの成長スピードは卑怯。

そしてリューさんはかっこ良すぎる。