読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

天空監獄の魔術画廊 (3)

感想 スニーカー文庫
天空監獄の魔術画廊 (3) (角川スニーカー文庫)

天空監獄の魔術画廊 (3) (角川スニーカー文庫)

 

奇跡の島『天空の大監獄』―そこには魔王の血肉と、恐るべき魔術が込められた600枚以上の『魔王の絵画』が封じられている。天空の大監獄に閉じ込められ、看守の任を与えられたリオンはある日、監獄の次期副署長の座を賭けた『熾天の儀』にエントリーされてしまう。そんな中、リオンの前に若き看守ハイネが現れる。彼は『魔王の左手』の持ち主で、魔王の復活を目論むヴェルゼ教の騎士だった!妖しき監獄ファンタジー第3弾!

 

評価:89

 

相変わらず面白い。

バトルと駆け引きと女の子の可愛さと、そしてエロさ。いや素晴らしい。今回はスライム凌辱でした。

アネットがいい女過ぎた。でもある種いいポジションに付いたような感じはするな。

ハイネは振りきってしまってたからちょっと心配だな。これは厄介な敵になるんじゃないか。

リオンの過去を知るユフィも加わり面白さは増すばかり、リオンの心の枷も外れそっち方面も面白くなってきそう。

次巻も楽しみ。

マティーリは少し可哀想すぎやしないかいw

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com