読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴

感想 GA文庫
イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴 (GA文庫)

イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴 (GA文庫)

 

シスリーネに唆されて過激なアプローチを繰り返すマロンに、それを阻止しようとするサヤ。魔人討伐後、ハンティスたち第29部隊は騒がしくも順調(?)な日々を送っていたが―「貴様ら第29部隊は解散だ」今までの成績が原因で解散の危機に!?存続のためには、一定の条件をクリアしなければならないという。しかし、部隊存続をかけて、任務で訪れた廃坑道には、堕章霊を引き連れた妖艶な美女がいて…。部隊最大の試練を前に、落ちこぼれ部隊は新たなステージに到達する!王道バトルファンタジー第二弾!

 

評価:86

 

1巻同様、王道なストーリーながら平凡に囚われず面白い作品に仕上がっていた。

シスリーネの結婚云々で学校をやめろとシスリーネの姉が登場し、さらに成績があれなせいで部隊解散の危機。シスリーネの本音を聞き出すためにデートをしたり、成績改善のために任務へ向かいアクシデント、そして部隊同士の戦い。

ハンティスは美少女に裸エプロンで迫られて、さらに別の美少女と同室になるとはなんとも許せん。サヤ可愛い。

ハンティスは最後すげえかっこいいこと言ってたんだけど、そのあと結局一人で決めきれない辺りすごく良い。

最後は非情に気になる引きで次巻も楽しみ。

 

関連記事 

kaimu0409.hatenablog.com