晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?

庶民から一転、玉座を継ぐことになってしまったルドヴィーク。さっそく「国王の一番大切なお仕事」として告げられたのは、「大陸で一番高貴な血筋のお妃様を迎えること」!ところが現れた美しい花嫁は、彼の顔を見るなり呟いた。「キモイ…」そのまま王妃となった彼女と冷戦状態に突入するルドヴィークだったが、実は王妃にはある秘密があり、それを知った彼は、彼女とひとつの契約を交わすことに…。ファンタジー・ハーレム(予定)コメディ、開幕!!

 

評価:90

 

素晴らしい。

庶民から突然国王になった主人公がお妃様を迎えることになるが上手くいかない。そんな中彼女の秘密を知って……。というファンタジーハーレム(予定)コメディということで開幕。

この主人公はやり手。明らかな女たらしですわ。しかしながら真っ直ぐさもあって好感が持てる。やっぱり主人公が積極的じゃないとね。

野村美月さんってサブで道化を作るのが好きなのかな。エヴァリーンとテレーゼが好きすぎる。

いやもうこの好きな人がいるのにって最高でしょ。

そんな感じで嫁さんがハーレム要因を見つけてくれるということでこれからの展開も非情に楽しみ。