読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

妹さえいればいい。3

妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)

 

妹モノの小説ばかり書いている妹バカの作家・羽島伊月は、様々な悩みや問題を抱えながら慌ただしい日々を送っている。原稿の締め切り、恋、そして家族のこと…。アニメ化で大ダメージを負った友人作家の不破春斗から恋愛相談を持ちかけられたのを皮切りに、伊月の周囲の人間関係も動いていく。果たしてその先に待ち受けるのは激動か、平穏か―。一方、天才イラストレーターぷりけつは千年に一度のケツを持つ少女を捜していた…!羽島兄妹の事情も明らかになるかもしれない、大人気青春ラブコメ群像劇第3弾!!

 

評価:83

 

毎度のごとく作家たち(+α)の自由な日常。

伊月罪な男だな。京がほんと可愛い、そしてそれだけに悲しい。

にしてもこいつらほんといつも楽しそうだな。

千尋の秘密はいつまで引っ張るのか。今回は伊月が妹キチになった切っ掛けの話もあったしそろそろかな。

最後に妹のすべてがアニメ化決定し、伊月のラノベ作家としての生活も変わってきそうだな。アニメ関連のエピソードも期待。

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com

kaimu0409.hatenablog.com