晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団

突然“アクア祭り”をやると宣言され、しぶしぶ協力することになったカズマだったが、巻き添えでなんとクリスまで祭りを手伝わされるハメになってしまう。そんなクリスは、神器の回収のためにカズマと屋敷に盗みに入るが、そこにいたのは“しゃべる鎧”で―。2つの祭りに、謎の鎧に、振り回されまくるカズマ。街中を巻き込んだ大騒動が始まる!

 

評価:84

 

いつものこのすばだったが、今回はいつも以上にわちゃわちゃしていた。それもそのはず、アクシズ教が関わっているからね。

相変わらずテンポが良くて面白い。このノリはこのすばならではだよな。

今回はエリス様回とでもいう感じでエリス様の魅力にあふれていた。エリスとしてもクリスとしても。

ダクネスとめぐみんもなんだか積極的になって来てラブコメ的にもなかなか面白かったが、そこら辺はそんなに期待できないようなのだがやはり期待はしてしまう。

アクアは平常運転で非常に安心。アクア様は駄女神様でないとね。

バツイチ処女ララティーナホント好き。

アニメも次巻も待ち遠しい。

 

 

 

関連記事

kaimu0409.hatenablog.com