読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

オレと彼女の萌えよペン (5)

感想 ファンタジア文庫
オレと彼女の萌えよペン (5) (ファンタジア文庫)

オレと彼女の萌えよペン (5) (ファンタジア文庫)

 

茉莉やエミリちゃんがサンタコスして仕事したり、初詣に行ったり…そんないつもの仕事場に激震が走った!人気作の煽りを受けて『バトアイ』が打ち切りだって!?折れそうになる俺を支えてくれたのは…パートナーの茉莉だった。そんな俺たちに与えられた連載権を賭けた漫画グランプリへの挑戦。人気作家や、才能ある同期の一ノ瀬たちに、今度こそ負けない新作を2人で作り始めた。そして俺は見つけた。自分にとっての「萌え」を!今なら、最高の漫画が描ける気がする。茉莉と一緒なら、きっと―!

 

評価:85

 

完結……というか打ち切りなんだろうな……。

そんな訳で急ぎ足での完結だが綺麗に締まっていた。しかしながらもうちょっとラブコメ的に盛り上がりが欲しかった感は否めない。エミリちゃんとか一ノ瀬さんとかね。

やっぱエミリちゃん可愛い。もう可愛すぎてつらい。

茉莉も最後には可愛く思えたから良かった。

萌えペンのわざとらしいまでのベタさが非常に好きだっただけに残念。もっと見ていたかったな。とにかく短編集も楽しみ。

いい作品でした。