晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会

カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)

カフェ・ド・ブラッド 魔夜中の眠らない血会 (ファミ通文庫)

 

血を提供するカフェ・ノクターン。店主のアナスタシアは美少女だが傲岸不遜な吸血鬼で、訪れる客も癖のある吸血鬼ばかり。そして店主にも客にも振り回される従業員・青井優夜は―人間だった。それでも優夜は、人間と共存を望む吸血鬼達と楽しい夜を過ごしていた。そんなある日、優夜の通う高校で発生した“吸血鬼に襲われる事件”が優夜とアナスタシアの因縁を呼び起こすのだが…。心優しき吸血鬼と歪な願いを抱えた少年が織りなすダークファンタジー!

 

サイコメコンビの新作。

非常にらしさが出ていた。ほんとこの作者ガスマスク好きだなw

吸血鬼に血を提供するカフェを中心に描かれるダークファンタジー。こう言っちゃなんだが結構ちゃんとダークだった。アナスタシアとかのノリは軽めだけど。

吸血鬼の血を引いている真祖ごとに能力の種類が決まっていたりと設定も面白く、バトルとしても良かった。

香音里が可愛かった。あとおっぱい番長も。

難点としては新鮮味はなかったかな。基本的にはテンプレ的な展開だったように感じた。