読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

いでおろーぐ! (4)

感想 電撃文庫
いでおろーぐ! (4) (電撃文庫)

いでおろーぐ! (4) (電撃文庫)

 

期末テストを乗り越えて、ついにやってきた長期休暇。『ダラダラと過ごす夏』の到来に胸を高鳴らせる高砂の思いとはうらはらに、反恋部は領家の発案で海へ合宿に行くことに!なぜかついてきてしまった女児も巻き込んで、夏真っ盛りの海水浴場へ乗り込んだメンバーたちはリア充粉砕の嵐を巻き起こす―!さらに縁日へ花火大会へ、リア充あるところ反恋部あり!砂浜のスイカもゲバ棒で叩き割る、リア充爆発アンチラブコメ第4弾!

 

今回もリア充爆発しろ!(ブーメラン)な内容のアンチラブコメ第四弾。

今回は夏休み。海に合宿に夏祭り、そして怪談とリア充太刀に鉄槌を下すべく反恋部は活動する。

瀬ヶ崎の理性が試される回だったな。女児の一挙手一投足に惑わされる瀬ヶ崎が可愛い(錯乱。

高砂と領家はたびたびいい雰囲気を作りというか殆ど領家が誘うような感じだがこれは領家さんなかなかの悪女ですね。表では反恋愛を叫び裏ではイチャイチャしようとするなど言語道(ry

文と密かに連絡先を交換するとか高砂も隅に置けないやつだ。文のイラストも見てみたいと思ったのは自然なことだろう。

反恋部が真剣に考えたスイカ割りが思いのほか面白そうだったw

最後の怪談は予想してなかったから結構驚いた。今回はやたら高砂がフラグ立てるな〜と思っていたらこれだw

5巻も出るようだし安心。次巻も楽しみにしてます。