読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

俺たち!! きゅぴきゅぴQピッツ!!

俺たち!! きゅぴきゅぴQピッツ!! (電撃文庫)

俺たち!! きゅぴきゅぴQピッツ!! (電撃文庫)

 

第22回電撃小説大賞電撃文庫MAGAZINE賞”受賞作!高校生活の中で最も重要なイベント。それは「恋愛」。しかし、そのうち約99%は、相手に想いを告げることなく終焉を迎えてしまう。そんな隠された恋心、告げられぬ想いを捜査し、解決に導く集団がいた。それが、恋愛警察。通称『Qピッツ』。これは、苦悩する学生たちのキューピッドとなり、愛の芽を開花させる、お節介な恋愛刑事たちの愛と勇気の物語。

 

恋い焦がれつつも思いを告げられない人々を告白へと導く集団、その名もQピッツ。そんな彼らのお節介物語。

個人的には結構面白かったが、割りと人を選びそうな作品。

新人賞作品だがヤバイ。何がヤバイってノリがヤバイ。歌い踊って慰めたりとか、謎な熱血に、突如入るパロディ。まあなんかヤバイ。

そんな感じでハイテンションで恋愛を追うわけだが、権田のキャラが強すぎて可愛い女の子もいるのにそのイメージが残らない。おっさん教師と主人公があんやかんややってるのがメイン。

主人公の告白のダサさはすごい好き。