読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

レオ・アッティール伝 (3) 首なし公の肖像

コンスコン寺院の攻防を制し、ひとまずは外敵を打ち払ったアトール公国第二公子レオ・アッティールは、依然残るアリオン、ディティアーヌ両大国の脅威に対抗するために動き出す。民兵ばかりのアトールにおいて、常設軍たる親衛隊を組織、武装を整え練度をあげる。その矛先は、アトール国内。王家に敵対的な有力貴族、ダーレンに向けられた。速やかに国内を平定し、盤石な体制を築くべくレオは攻勢に出るが、思わぬ伏兵が待ち受けていて―!?若き主従が戦国の世を駆け抜ける本格戦記ファンタジー、第3弾!

 

さて、国外の敵と戦ったレオだが、今度は国内での戦いとなる。今巻は準備とクオンの過去話がメインとなる。

レオは未だ不安定というか安定しきらない感じはあるよな。他国との会談では上手く切り抜け才を見せる一方、抜けてるところも多い。

特にフロリーは被害者だよな。フロリーはずっと振り回されて、結果レオには余りかまってもらえず……なんとも可哀想ではある。しかしその幸薄感というか哀愁ただよう姿は魅力的でもある。

レオの弟はあざとくてすごい嫌いだなぁw そのうち兄や弟とも色いろあるんだろうんな。

クオンは山で自分の過去と向き合い、ラガに打ち勝つことが出来るのか。そしてレオの戦いの行方は? 次巻も楽しみ。