読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

学戦都市アスタリスク (10) 龍激聖覇

学戦都市アスタリスク (10) 龍激聖覇 (MF文庫J)

学戦都市アスタリスク (10) 龍激聖覇 (MF文庫J)

 

クローディア暗殺を無事阻止し、チーム・エンフィールドの絆も再確認された。続く“獅鷲星武祭”準決勝の相手は界龍第七学院のチーム・黄龍。“鳳凰星武祭”で戦った双子・黎兄妹、セシリー・虎峰の前“鳳凰星武祭”の準優勝タッグ、そして范星露の一番弟子である“覇軍星君”武暁彗―。果たして綾斗たちは彼らに打ち勝ち、聖ガラードワース学園のチーム・ランスロットが待ち受ける決勝戦へと進むことができるのか…!?さらには金枝篇同盟の面々も独自に暗躍をはじめ、新たな陰謀が静かに動き始める!“獅鷲星武祭”ついに終幕!最高峰の学園バトルエンタ第10弾!

 

獅鷲星武祭もクライマックス。

獅鷲星武祭の山場は前巻という感じで案外あっさりだったけども、綺凛ちゃんの覚醒には震えたし、綾斗とアーネストの戦いも素晴らしかった。

鳳凰星武祭も獅鷲星武祭もコンビチームと協力が重要な大会だったが、次の王竜星武祭は個人戦ということで純粋な1対1の戦いがどう繰り広げられるのか楽しみ。

流石にキャラが増えすぎて名前だけでは誰が誰やらということが多くなってきた……。

次巻は綺凛ちゃんの話ということで非常に期待。