晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

りゅうおうのおしごと! 3

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

 

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」宿敵“両刀使い”に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して“捌きの巨匠”に教えを乞う。一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。「私とあいちゃんの、何が違うの?」だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する―!中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!

 

まずこれを言わせて欲しい、最高だったと。

さて、今回はあいが勝利の裏にある壁にぶつかり、桂香さんは研修会降格の危機、そして八一は勝利のその先の目標を見つけ出す。

今までラノベを読んできて一番というくらいに泣いた。

飛鳥ちゃんのところも桂香さんのところももちろん素晴らしく良かったのだが、個人的にはあいが勝利の怖さを知ってのところあそこがツボに入った。八一が俺達には将棋しかないと言っているあそこが本当に好き。あの熱さが熱意が本当に羨ましく眩しくて、好き。だからあそこで一番胸が熱くなって泣いた。

あとは銀子ちゃんが才能を表して将棋星人と表現するのも良かった。個人的に才能というのは確かに存在してそれは努力で超えられないというのが好みだから、この残酷なまでに才能さを感じさせてくれる表現は良い。そして、努力でその才能を封じ込むことは出来るというのもまた素晴らしい。

個人的になりふり構わなくなった桂香さんもまた魅力的だった。あの圧倒的強者感……。

そんな訳でここ最近だと一番面白かった。

次巻も楽しみ。なんか姉弟子こと銀子ちゃんがあまりいい見せ場なかったからそこら辺も期待したいところ。

桂香さんにはこれからも頑張って欲しい。