読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

魔法科高校の劣等生SS

感想 電撃文庫

二〇九六年度『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。司波達也が、魔法兵器『パラサイドール』運用試験計画を阻止すべく『裏』で行動を起こしていた頃。『表』側では、魔法科高校生たちの熱戦が繰り広げられていた。モノリス・コードの選手・吉田幹比古のエピソード『竜神の虜』。新競技ロアー・アンド・ガンナーの選手・エイミィのエピソード『ショットガン!』。アイス・ピラーズ・ブレイクの選手・雫と花音のエピソード『一人でできるのに』。黒羽姉弟のエピソード『目立とうミッション』。そして、レオとエリカのエピソード『薔薇の誘惑』。書きおろしを含む連作短編集、登場!

 

とても良い短編集だった。

2年の九校戦は物足りないと感じていたのでそこが上手く補完された短編集で大満足。

エイミィの話や雫と花音の話ではジョージがあまりにも憐れ。完全にドツボに嵌ってる感じが笑ってしまった。

花音は相変わらず大人げない。いちゃいちゃするのもいいが先輩なんだからしっかりしてもらいたい。

そして個人的に待望だった黒羽姉弟の活躍する話。出来れば七草姉妹とのぶつかり合いなんかも見てみたかったけどな。

幹比古の過去とかエリカとレオの出生の云々とキャラの掘り下げも行われていてよかった。

次巻本編でも少し寄り道した話をするということだが楽しみ。