読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ようこそ実力至上主義の教室へ (4)

感想 MF文庫J

夏休みを利用した特別試験前半戦――無人島サバイバルは無事終了。舞台は豪華客船でのグループ戦に移る。後半戦の試験内容は打って変わって、思考力が試される頭脳戦。A~Dクラスの全ての学生を干支になぞらえた12のグループに分け、各グループごとに一人だけ存在する『優待者』を見つけるというもの。クラス対抗という考え方を破壊する試験に驚愕する生徒たちだったが、葛城、龍園といった各クラスの実力者達は試験の狙いを見極め、暗躍を開始する。一方、清隆は同じグループに入ったクラスメイト軽井沢恵の持つ異質さに気づき――!?「私は―――寄生虫。ひとりで生きることの出来ない、弱い生き物」清算できない過去との決別! 学園黙示録第4弾!?

 

特別試験後半戦ということで新たな頭脳戦。

今回はクラス混合でグループに分けられそこで1人の優遇者を見つけ出すゲーム。

今回は何と言っても軽井沢。人に寄生することしか出来ない彼女は個人的には大好き。綾小路が脅してるシーンとかすごく良かった。

綾小路が本格的に動き出してDクラスの要である平田と軽井沢の協力を得たことでこれから本格化するであろう他クラスとの争いも盛り上がりそうで楽しみ。

しかし堀北はそこまで飛び抜けた能力というわけでもないのに、他人を下に見過ぎな気がするな。足元すくわれて噛ませになり過ぎではw

平田と軽井沢の過去が明らかになったがまだまだ謎なキャラも多いしこれからどう明かされていくのか期待。

実際綾小路がどこまで能力があるのかイマイチ分からないんだよな。まだ全力は出してなさそうだが、綾小路の全力が見れる時が来るのが楽しみ。