読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ストライクフォール

感想 ガガガ文庫
ストライクフォール (ガガガ文庫 は 5-1)

ストライクフォール (ガガガ文庫 は 5-1)

 

SF界の俊英、ガガガ文庫に電撃参戦! 近未来、人類は宇宙に進出し、惨禍のはてに戦争をやめた。……いや、正確には、形を変えた。代理戦争として発展した宇宙競技、ストライクフォール。広大な宇宙をフィールドに、敵のリーダーを屠るべく戦うチーム闘技に人々は熱狂した。万能の泥、チル・ウエポンによって作られたストライクシェルに身をつつみ、プレイヤーたちは宙を駆ける。故郷のため、栄誉のため、家族のため、あるいは己が夢のために……。鷹森雄星も、ストライクフォールに魅せられたひとりだ。弟は、トップリーグでのプロデビューが決まった若き天才、鷹森英俊幼なじみの環のやさしさに見守られながらも、雄星は宇宙を目指すが――。「知ってるか、兄貴。宇宙では、あらゆるものが落ちている最中なんだ。――落ち続けるなら、オレはほしいものを手に入れる」なら、翔ぶ。翔んで、宇宙に手を伸ばす。これは、宇宙を「掴む」兄弟の物語。SF界の俊英が放つ新たなライトSFエンタテイメント!

宇宙きますわこれ。という訳でSFエンタメ。

スポ根的な主人公の努力と、巨大ロボットの派手なバトルが爽快な作品。さらに世界観というか設定は結構詳しくその部分も楽しめる。

代理戦争としての競技というからヌルいのかと思えば結構ガッツリしてて良かった。

展開的には王道なんだけども、想定してなかったから結構衝撃を受けた。

兄と弟の対照的で似ているその生き様が良かった。

まあ結構気になる所で終わったから次巻も楽しみ。ロボットSFモノ売れることを祈ってます。