晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

筺底のエルピス4 -廃棄未来-

筺底のエルピス4 ?廃棄未来? (ガガガ文庫)

筺底のエルピス4 ?廃棄未来? (ガガガ文庫)

 

殺戮因果連鎖憑依体―。古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれる人類文明の宿敵。それを消滅させる唯一の手段が失われ、世界が破滅へと突き進むなか、最悪の黒い鬼を生み出すことを予言された少女と“門部”の生き残りを、あまりにも邪悪な存在と、数奇な運命に翻弄される狙撃手の少女が追う。積み上がる仲間の死と、『すべてを取り戻せる』という希望の裏に隠された残酷な真相を乗り越え、果たして逃亡者たちは、戦いに終止符を打つ約束の地に辿り着けるのか。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩、希望と慟哭の第四弾。

 

絶望に次ぐ絶望。

これは名作だよな。しっかりとした完結まで持っていってもらいたい作品。

やっぱり圭がヒロインで叶が主人公よな。しかしこうも辛い道になるとは……。正直次巻すごく怖い。この運命は悲しすぎる。

そうだよな、過去に戻るってことはそういうことになる。ホントに2人なら良かったのに……。