晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)

 

西暦2021年に発見された病“夢現譜症候群”。感染した人間は必ず“2029年12月31日”に3分間だけ意識が飛ばされる=“未来が視える”というその現象。14歳のレオはロンドン市内で無差別に人を斬り裂く未来を体験する。「どうして俺が殺人鬼なんだよ!?」絶望と共に未来視から戻ってきた彼にはある異能が目覚めていた―。3年後、Xデーが迫る中、ある少女がレオのもとに現れる。「あなたを殺しにきた」と告げながら。近未来SFバトル開幕!

 

感染した人間は皆同じ時間の未来を見るという現象。そんな未来で殺人鬼となっている自分を体感したレオが未来を変えるべく奮闘する物語。

未来を体験することによって幸せな未来に希望を持つもの、不幸な未来に絶望するもの、未来が見えずに自暴自棄になるものと、体験する未来に大きく動かされる人々が面白かった。

そんな中で未来視を経て異能を得たものたちがその原因を探り解決しようとする。レオも殺人鬼になると知れ渡ってる中、そんな殺人鬼らしく冷徹な仮面を被って未来視の感染源を探していく。そして垣間見える殺人鬼の一面みたいなのが不穏。

そして作者が力を入れたというレオが尋問をするシーン、いやはや最高でした。容赦がなくって素晴らしい。

あとはラビットさんが良かった。悪役を演じる悪役のような感じで、レオに倒されることを望んでいるようで、未来が見えなかった自分の死に場所を探しているようで良かった。最後にはヒーローに勝ちたいってなるのも良い。

そんな悪役だとか尋問シーンとかこの作品の暗い雰囲気をまごまごさんのイラストがいい感じに描き出していて良かった。この人の白黒イラスト良いよね。