晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

リンドウにさよならを

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

リンドウにさよならを (ファミ通文庫)

 

良い。美咲の成長がただただ尊い

読んでる途中でオチというかタネは察しがついた。だから驚きはなかったけど、すっと受け入れて読めた。

こう序盤の美咲にだけ知られている状態で2人で過ごしているのがすごい好き。2人だけの秘密は最高としか。

というか普通に物理的影響を与えていたけど幽霊はそれでいいのか。ポルターガイスト的なあれなのかな。

神田がイケメン過ぎるよなぁ。

こういう頑張ろうと思える作品を高校時代にいろいろ読みたかったよね。