晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

最近読んだもの感想殴り書き

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

最近では一番の当たり。

リア充側のどうのこうのとかいう売り文句があった気がするんだけど、基本的には俺ガイルとか友崎くんの系譜。カーストとか出てくる学園もの好きなら読む価値あるんじゃなかろうか。

 

七つの魔剣が支配する (電撃文庫)

今出てる3巻まで読んだ。1巻はめちゃくちゃ好みだった。特に最後。で、2巻以降期待したらその流れというよりは世界観の深掘り的な感じで、面白くはあったけどまあまあという感じ。ハリポタを彷彿とさせる世界観。

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

正直微妙。

登場人物のこいつら何がしてえんだ感。タイトル通り(?)のストレートなラブコメでよかったんでないか。まあ幼なじみが可愛くはあった。

 

リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)

普通。特筆すべきところがなかった。

悪くはないが特によくもない。

 

緋弾のアリアXXXI 静かなる鬼 (MF文庫J)

相変わらず最高。

ここにきて風魔がピックアップされんのほんといい。

最後の展開も最高。永遠に続いてほしい。

 

カルマの塔

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886943247

再読。継承編の途中までしか読んでない。

やっぱりクッソ面白い。今まで読んできた小説の中でもかなりの上位に入る面白さなんだよなぁ。全人類読むべき。

書籍化するみたいです。おめでとうございます。