晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー

 

俺には宝石とゴミを一緒の箱に入れる精神が理解できない。はっきり言って許せない。なんであんなゴミを混ぜたのか。面白い面白くないとかではなくキャラの口調に違和感を感じた。だけど冷静に考えてそんなことがあり得るのか?もしかしたら俺だけが間違っているのかもしれない。なので誰ともどれとも言わないけど、まあブチギレたって話。

ゴミの話ばかりしても仕方ないので面白かった話。

 

一番良かったのはオンパレードのやはり妹さえいればいい。

その後の奉仕部という一番見たいところを見れたし、いろはすに川崎と他で登場なしだったとこ出してくれてよかった。

 

オンパレードのはやはち。

葉山と八幡が話してるだけで最高に面白い。不確定要素を排除して上手く未来の話するのは流石だな。

 

雪乃sideの雪乃(29)。

これも上手いこと未来の話したなぁと。成長した雪乃良い。

 

来月のアンソロジーではいろはすの活躍多く読めたらいいなぁ。