晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

吸血鬼に天国はない

吸血鬼に天国はない (電撃文庫)

こういうマフィアがのさばってる世界観良い。

ヒロインのルーミーがあまりにも良すぎる。あまりにも吸血鬼で、あのギャップで完全にやられる。

序盤のルーミーも、後半の中盤のルーミーも、後半のルーミーも素晴らしい。

色々問題が残ってるし、今後2人の選択がどうなっていくか楽しみ。

 

bookwalker.jp