晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

デ・コスタ家の優雅な獣

デ・コスタ家の優雅な獣 (角川ビーンズ文庫)

内気な少女がマフィアの家に引き取られ自分の身を守るために裏切者探しをすることになる。

裏社会モノはやはり良い。

ロージーが裏社会に適応していく様が悲しくも頼もしい。

現状ノア一択だが、今後どうなっていくのか楽しみ。

 

bookwalker.jp