晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

このあと滅茶苦茶ラブコメした2 私とラブコメしたいんですか? ふふ、お断りしますね

春日部タケル節炸裂してるな。今までで一番ひどい(誉め言葉)気がする。

この下ネタを許容できるなら滅茶苦茶面白い。俺は大好きです。ただし電車ではなかなか読みずらいなぁ。

 

元カノの妹と付き合えますか?

元カノの妹と付き合えますか? (講談社ラノベ文庫)

元カノの妹と付き合えますか? (講談社ラノベ文庫)

  • 作者:猫又 ぬこ
  • 発売日: 2020/04/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

かなり好きな部類。この手の恋人のふり頼まれるラブコメ好き。

全体的に粗めなイメージもあったが満足。

超高度かわいい諜報戦 ~とっても奥手な黒姫さん~

 思っていたよりシリアス成分もあって面白かった。個人的には主人公のキャラもう一押しって感じかな。

 

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー

 

俺には宝石とゴミを一緒の箱に入れる精神が理解できない。はっきり言って許せない。なんであんなゴミを混ぜたのか。面白い面白くないとかではなくキャラの口調に違和感を感じた。だけど冷静に考えてそんなことがあり得るのか?もしかしたら俺だけが間違っているのかもしれない。なので誰ともどれとも言わないけど、まあブチギレたって話。

ゴミの話ばかりしても仕方ないので面白かった話。

 

一番良かったのはオンパレードのやはり妹さえいればいい。

その後の奉仕部という一番見たいところを見れたし、いろはすに川崎と他で登場なしだったとこ出してくれてよかった。

 

オンパレードのはやはち。

葉山と八幡が話してるだけで最高に面白い。不確定要素を排除して上手く未来の話するのは流石だな。

 

雪乃sideの雪乃(29)。

これも上手いこと未来の話したなぁと。成長した雪乃良い。

 

来月のアンソロジーではいろはすの活躍多く読めたらいいなぁ。

今年に入ってから読んだやつ

電子書籍派になった晦夢です。

お久しぶりです。

 

ラノベ欲が高まってきているので最近読んだラノベの感想でも書こうかと思います。

 

 

ゲーマーズ・ハイ 影の王者の後継者 (MF文庫J)

悪くはなかったけど、ひりつくようなギャンブルの勝負がなかったのがなぁ。

 

学園都市オブ・ザ・デッド (LINE文庫エッジ)

この手の作品が好きってのもあるが面白かった。あとは続いてちゃんと完結できるかのみ。

 

つるぎのかなた(3) (電撃文庫)

女たちの戦い最高。纏さん好き。

 

デスペラード ブルース (2) (ガガガ文庫)

デスペラード ブルース (3) (ガガガ文庫)

こういう裏社会みたいなのでゴリゴリ格闘戦好き。エロ展開が思ったより長くて笑った。

 

結婚が前提のラブコメ (ガガガ文庫)

題材が最高。展開は普通。続きが楽しみ。

 

スパイ教室01 《花園》のリリィ (ファンタジア文庫)

なかなか巧くてよかった。個人的にはもっとゴリゴリシリアスのが好み。

 

教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 6時間目 (MF文庫J)

冬燕が好きすぎる。モンペgmすぎる。さがら総最高すぎる。

 

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編1 (MF文庫J)

綾小路が方針転換してどんどん面白くなってる。もっと恵との絡み見せてくれ。

 

―異能― (MF文庫J)

好みではなかった。やってることはなかなか面白い。

 

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります (MF文庫J)

よかったんだが、なんというかあと一押し感があった。何がかは分からんが。

 

君死にたもう流星群3 (MF文庫J)

君死にたもう流星群4 (MF文庫J)

君死にたもう流星群5 (MF文庫J)

あまりにも良い。心がキュッとなる感じがたまらない。

 

ヤンキーやめろ。メイドにしてやる (講談社ラノベ文庫)

最近読んだ新作では圧倒的1位。キャラとテンポが最高すぎる。ラブコメとして文句なし。

 

聖剣学院の魔剣使い2 (MF文庫J)

聖剣学院の魔剣使い3 (MF文庫J)

シンプルに好き。

 

孤島の学園迷宮 (LINE文庫エッジ)

好き。こっからどうやってクラスをまとめていくか楽しみ。

 

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫)

やっぱすごくいいな。染み渡る優しさ。咲太マジで好き。

 

ぼくたちのリメイク7 ものをつくるということ (MF文庫J)

河瀬川かわいすぎる。いよいよ自分自身のリメイクへ。楽しみ。

 

魔法も奇跡もない、この退屈な世界で (電撃文庫)

要素要素は好きだけど、なんかごちゃごちゃしてた印象。

 

最近読んだもの感想殴り書き

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

最近では一番の当たり。

リア充側のどうのこうのとかいう売り文句があった気がするんだけど、基本的には俺ガイルとか友崎くんの系譜。カーストとか出てくる学園もの好きなら読む価値あるんじゃなかろうか。

 

七つの魔剣が支配する (電撃文庫)

今出てる3巻まで読んだ。1巻はめちゃくちゃ好みだった。特に最後。で、2巻以降期待したらその流れというよりは世界観の深掘り的な感じで、面白くはあったけどまあまあという感じ。ハリポタを彷彿とさせる世界観。

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

正直微妙。

登場人物のこいつら何がしてえんだ感。タイトル通り(?)のストレートなラブコメでよかったんでないか。まあ幼なじみが可愛くはあった。

 

リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動― (電撃文庫)

普通。特筆すべきところがなかった。

悪くはないが特によくもない。

 

緋弾のアリアXXXI 静かなる鬼 (MF文庫J)

相変わらず最高。

ここにきて風魔がピックアップされんのほんといい。

最後の展開も最高。永遠に続いてほしい。

 

カルマの塔

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886943247

再読。継承編の途中までしか読んでない。

やっぱりクッソ面白い。今まで読んできた小説の中でもかなりの上位に入る面白さなんだよなぁ。全人類読むべき。

書籍化するみたいです。おめでとうございます。