読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

学園のカースト制度に挑むラノベたち

学園ラブコメが読みたい!

という訳で、お久しぶりです。3月全くラノベを読めず最近ようやく復活してきた次第です。

最近のラノベって(と言うと怒られるかもしれませんが)学園ラブコメ少なくないですか? 異世界でもなく異能もなく魔法もなく普通の現代が舞台の学園ラブコメが少ないように感じます。もっと読みたいです。

そんな中でもたまに見かける学園のカースト制度を題材(?)にしているラノベたち。所謂俺ガイルの系譜ですかね。続けて読む機会があったので紹介しようかなーと思います。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

 

まずは言わずと知れた俺ガイル。色々読んでくとやっぱり面白いと分かる作品。

早く完結させて下さい。お願いします。

 

 

恋愛を否定するヒロインとともにリア充爆発を叫び、実際にリア充イベントの破壊活動を行っていく作品。これはどちらかと言うと学園のカースト制度と言うよりは恋愛自体が題材になってる。

最近は反恋愛を言い訳にイチャラブしてる謎の作品。素晴らしい。

 

 

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

 

 カーストの下の方の主人公が努力してカースト上位になっていこうという話。カースト上位にいるためにはそんな努力をしなければならないのかという恐ろしい世界が垣間見える。普通に恋愛して普通に青春してるのが良い。

1巻ではイマイチ好みではないと思ってたが、3巻読んだらその理由に納得しました。3巻はすごい良かったです。

 

 

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1 (講談社ラノベ文庫)

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1 (講談社ラノベ文庫)

 

スクールカーストを粉砕しようとするヒロインに主人公が振り回される作品。一番今回の記事のタイトルに即してる作品。

2巻では特にスクールカーストの嫌な部分が出ててよかった。なおヒロインは思想はヤバイ。

 

 

青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。 (ガガガ文庫)

青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。 (ガガガ文庫)

 

あとがきにも書いてたけどすごい俺ガイルの影響受けてる作品。もうちょっと何かが欲しかったかな。2番煎じ以上の何かを感じることはできなかった。

 

 

こんなもんですかね。

こういった系譜の作品は好きなんでどんどん出してもらいたいですね。

リア充爆発しろ!!

という訳で以上。

2017年4月 読書メーターまとめ

記録用

 

続きを読む

2017年2月 読書メーターまとめ

記録用

 

 

続きを読む

2017年1月 読書メーターまとめ

記録用

 

続きを読む

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日

「今日から兄さんは、私と同棲するの」著作『世界で一番可愛い妹』のアニメ化によって不眠不休の生活を余儀なくされたマサムネ。兄の無茶を心配した紗霧は、『開かずの間』での“同棲”を要求する。そうして始まったのは、妹やヒロインたちとの“同棲生活”だった!?同衾、お風呂、家庭裁判!?恋に仕事に、二重の修羅場をなんとか乗り切ったマサムネは、束の間の休日に、様々な思い出を回想していく。『妹やエルフと過ごした休日』『智恵との出会い』『ムラマサ先輩との日々』『マサムネが小説を書きはじめた「きっかけ」』。―そして、『私』が語る、和泉兄妹の過去。シリーズ最大の謎が明かされる第8巻!

 

ルート入るの早くないか!? と思ったのだが、もう8巻なのか。俺妹も12巻で完結だしそんなおかしくはないのか。最近巻数の感覚がおかしくなってる気がするな。

それともこれからまだまだ波乱があったりするのかな。余りにも1人勝ち過ぎて、不安になる。

マサムネと紗霧がそれぞれ小説とイラストのきっかけは、なんというか面白みなかったな。基本的にこの作品は小さくまとまりすぎてる感じがあるのがな。

個人的には智恵とかムラマサ先輩とかとのエピソードがもっと欲しい。今回の智恵の話とか最高だった。こういう関係性とかほんと良い。

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 2.不死の獣たち

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-  2.不死の獣たち (HJ文庫)

-インフィニット・デンドログラム- 2.不死の獣たち (HJ文庫)

 

決闘都市ギデオンへと辿り着いたレイは、手に入れた特典防具の性能実験をしたり、ガチャを引いたりしながら自らの能力向上に努めていた。そんな中彼は、ギデオン周辺で最近子供を攫う非道な組織『ゴゥズメイズ山賊団』がはびこっていることを知る。偶然知り合ったプレイヤー・ユーゴー、キューコと共に、子供の救出と山賊団の討伐へと向かうレイ。そこにはまたしてもイレギュラーな事態が待ち受けていて―!!超人気VRMMOファンタジー、待望の第2巻!!

 

面白い要素は溢れているんだが、レイの能力があまりにも便利かつ強すぎて少々ご都合主義感がある。序盤から《UBM》ガンガン倒していくのはなぁ……。もっとこのゲーム本来のレベリングやら成長していく要素も見てみたい。Infinite Dendrogramというゲーム自体がかなり魅力的だしね。

ゲームをゲーム思っておらずNPCに感情移入するそんなレイが国同士の大きな戦いになったときにどうなるのか心配。

しかしあの兄リアルでもやばすぎでしょ。

ランキングとか二つ名とかすごい好きだから色々出てきそうな次巻の超級激突ってタイトルだけですごい楽しみ。

2016年面白かったラノベ

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。

好きラノ投票を兼ねて2016年のラノベまとめ的なものをします。

最近あまり読めてないですが気にせずいきましょう。

 

りゅうおうのおしごと!3

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

 

 2016年で一番面白かったラノベは誰が何と言おうとこれですね。りゅうおうのおしごと! 4巻よりも断然3巻が面白かったです。この作品の熱さは本当にすごいと思う。

 

 筺底のエルピス4 -廃棄未来-

筺底のエルピス 4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)

筺底のエルピス 4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)

 

 1巻のときは想像もできなかったスケールになった。これは名作と断言してしまっていい。圧倒的な絶望感。

 

 無法の弁護人 法廷のペテン師

失敗続きの新人弁護士本多は悪魔の弁護人と呼ばれる阿武隈に出会う。阿武隈が手段を選ばず裁判に勝利していく姿はカッコいい。しかしそれで本当にいいのかと葛藤する本多が今後どうなっていくのか楽しみ。

 

 ようこそ実力至上主義の教室へ (4)

本格的に綾小路が動き出して面白くなってきている。こういう頭脳戦はほんと面白い。

 

ストライクフォール

ストライクフォール (ガガガ文庫)

ストライクフォール (ガガガ文庫)

 

人型ロボットによる競技ストライクフォール。プロデビューが決まった弟を持つ雄星はプロデビューを目指して努力を続けていた。熱いスポ根もの。宇宙でロボットというスケールの大きさが良く映えた。

 

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告

【16下期ラノベ投票/9784041051306】

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)

 

ここから好きラノ投票枠。

感染した人はかあらず2029年12月31日に3分間だけ意識が飛ばされる病。その病によって自分が殺人鬼になっている未来を見たレオがその未来を変えるために戦う。未来視で見た未来によって対象的な人々が良かった。悪党であるラビットも魅力的。

 

さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド

【16下期ラノベ投票/9784041048535】

重力を操る能力を持つログは最後の魔女という運命を背負う少女ロンドと出会う。そんなログはクラスメイトの軍乃に郊外へと誘われる。青春ラブコメ風味。彼らの青春然とした甘酸っぱさを感じるやりとりは素晴らしかった。

 

<Infinite Dendrogram>―インフィニット・デンドログラム― 1.可能性の始まり 

【16下期ラノベ投票/9784798613253】

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

 

プレイヤーによって独自に能力が進化するシステム《エンブリオ》やまるで人間のようなNPCが存在するVRMMOを始めた玲二はレイとしてInfinite Dendrogramの世界に降り立つ。国の概念やUBMという広がっていきそうな世界観が楽しみな作品。

 

オーバーロード(11) 山小人の工匠

【16下期ラノベ投票/9784047342309】

オーバーロード11 山小人の工匠

オーバーロード11 山小人の工匠

 

問答無用で投票です。

 

凶器は壊れた黒の叫び

【16下期ラノベ投票/9784101800806】

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)

凶器は壊れた黒の叫び (新潮文庫nex)

 

階段島の真相へと迫る。次巻からの構図が楽しみすぎる。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(11)

【16下期ラノベ投票/9784797388121】

圧倒的な熱量。ここでのあれは熱すぎる。

 

 

 

 

以上好きラノの投票は6作品ということで。