晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

軋む楽園の葬花少女 (3)

軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)

軋む楽園の葬花少女 (3) (電撃文庫)

 

裏切ったのは誰だ。ということで裏切り者を探すダークアクション第三弾。次々と変わる状況と誰が裏切ったのか、誰を信じていいのか疑心暗鬼に陥る葛見たち。

ホントエグい世界観だな。前半のデートがむしろ悲しくなるレベル。

雪野可愛いんだよな。あのしゃべり方も癖になる。

今回はフィンの出番があまりなかったのが少し残念だった。

刻々と変わる状況と散りばめられたヒント、本当に面白い。情報をちゃんと知らされないって怖いな、葛見は必死に色々知って選ぼうとしてるのにそれが許されない、なんとも辛い。

こんな世界だと宗教に傾倒する人も多くなるんだろうな。なんとも笑えない。

レギオンの始まり、プリマリウスとか、人類側の秘密とかも色々と示唆されて面白くなってきた。

ということで第一部終了ですが、第二部も是非お願いします!