晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑)

野崎まど劇場第二弾。

 

この発想天才としか言い様がない。どこから来るんだろう本当に。

あとがきから裏表紙、カバー裏、電撃文庫紹介の部分、もちろん本文まで遊びまくり。

特に最後の電撃文庫紹介のとこでの探偵ものは素晴らしかった。

最初のなろうのやつも面白かった。オチも酷いw

あとは全年齢向官能小説とかカフェのやつとかしりとりのやつとかワイワイ書籍も良かった。

ブラックジョークが効いてるのも多くてそこもよかった。まごのてコレクションとかほんと酷い。

今回老人に対する風当たりが強かったように思ったw

いやはや素晴らしい、次も出せるなら是非とも出していただきたい。

 

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村