晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

俺の人生は神ゲーである!

俺の人生は神ゲーである! (電撃文庫)
 

ゲームが大好きで、プロゲーマーを目指す晴希は兄の妨害でなかなか上手くいっていなかった。そんな時目の前に運命の神様プルミが現れ、神の試験で晴希は彼女に操作されるという。ゲーム下手なプルミのせいで厄介なことがどんどん起きて……。

 

いいラブコメだった。

ゲーム以外にとりえがなくプロを目指す晴希は、それまでは楽しさだけでやってきていたのが、他人のために苦しさを乗り越えて頑張る。そしてその姿に、反対していた兄も後押しをするという熱い展開。

運命を操る女神になるために運命を断ち切ることしか出来ない女神が、運命に逆らおうという姿も凄く良かった。

ちょっとお馬鹿なプルミ凄く可愛かった。

晴希と凛子、そしてプルミの3人の関係も良くて、もっとこの3角関係を見ていたかった。

次巻も出るなら非常に楽しみ。