晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

監獄学校にて門番を (2)

監獄学校にて門番を (2) (電撃文庫)

監獄学校にて門番を (2) (電撃文庫)

 

謎の大爆発のせいで体を修理することになり、その間小さな体になったクレト。クレトはジリアに可愛がられながらも門番の仕事を続けていた。そして体育祭が迫ってくる。

 

とにかく小さいクレトが可愛い。それを可愛がるジリアも可愛い。

バトルバトルバトルな今巻。

クレトが強いのかよく分からなくなってくる。まあこの体だから仕方ないのだろうけど。

当時のクレトや獣人族の種族英雄と、当時の子孫であるジリアたちの違いそして繋がりが面白い。

ここの生徒たちの無鉄砲なお祭り騒ぎ感好き。

監獄学校の秘密とか種族間の問題とかもまだまだあり、次巻も楽しみ。

せーネも何かを知ってるような感じで気になる。