晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

いつか世界を救うために -クオリディア・コード-

西暦二〇四九年。世界は終わるかと思ったが、終わらなかった。突如として現れた正体不明の『敵』―“アンノウン”と戦争を続ける人類。防衛都市のひとつ神奈川の学園に転校してきた紫乃宮晶。彼の目的は『神奈川序列第一位・天河舞姫を暗殺すること』。しかし『最強』の称号を有し、人類の希望である少女の強さはあまりにも規格外で…。「のぞきではない。監視だ」「今は胸を調べている」「無論、尾行だ」「変態ではない、調査だ」「秘密裏に行う家宅捜索だ」舞姫の全てを知るための観察が始まった!?新世代ボーイ・ストーキング・ガール!!

 

プロジェクト・クオリディアの第二弾。

最強であり人類の希望である舞姫を暗殺するように指令を受けた晶とほたるは神奈川の学園に転校し、その機会を探るための方法がストーカーまがい。ボーイ・ストーキング・ガールとは言ったもので、舞姫の情報を集めるために真面目な顔してストーキングをする晶。それがまあ面白いこと。

そしてストーキング行為を繰り返すうちに出会う同士もとい舞姫に仕える四天王の面々。その真剣かつ馬鹿らしいやり取りは最高。

本人たちは至って真面目にやっているのがほんとうに面白い。

バトルもかなりしっかりとしており、異能バトルとしても相当レベルが高い。

やはり一番の見所は舞姫とのデートに色々と警戒して変な行動をして、それがまたいろいろクリティカルな晶。こういうシチュエーションは勘違いモノとかで割りかしあるけどやはり面白い。

そんなこんなで最終的には協力して人類の的に立ち向かう。

しかしまだまだ火種は残ってそう。ほたるは何を目的にしてるのか、なぜ舞姫は暗殺されねばならないのか。

上下巻で一旦区切りがつくということで次巻も非常に楽しみ。

プロジェクト・クオリディアとしても期待が増すばかり。

さがら総さんが東京編。渡航さんが千葉編ということでどうつながってくるのか楽しみ。