晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士1 (ダッシュエックス文庫)
 

十五世紀、フランス王国は王位継承権を巡り、イングランド王国と苛烈な戦いを繰り広げていた。そんな中、貴族の息子でありながら魔術や錬金術の研究に没頭する少年モンモランシは、パリの王立騎士養成学校でブルターニュ公の妹リッシュモンら、多くの騎士・姫騎士候補に囲まれ、慌ただしくも充実した日々を送っていた。だがアザンクールの戦いでの大敗によって、フランスと彼らの運命は一変する。パリが陥落し、騎士養成学校も閉鎖され、すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う……。混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編!

 

歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーということで、ジャンヌ・ダルク百年戦争が題材の作品。

1、2巻同時発売かつページ数も結構あった。内容も歴史戦記でプロローグ的な面もあり、状況説明が非情に多くてなかなかの重さだった。ただでさえ覚えられないカタカナの名前なのに何世とか出てこられるとお手上げ状態。しかし人物相関図があって助かった。

プロローグ的な側面も大きかった今巻。2巻も含め一つのお話ということで序破急の序ということで2巻どうなっていくのか非情に楽しみ。

主人公がは錬金術士ということで賢者の石を使って不老不死もとい守りたい人を守れるようになろうとするも失敗し、逆に賢者の石を取り込むことで特殊な力を得るユリスに必要なエリクシルを体内で生成する体になってしまい、ユリスになったジャンヌにキスでエリクシルを与えなければならないことに。無邪気にキスをせがんでくるジャンヌが可愛すぎた。そんな感じでエリクシルの供給源かつ頭脳として活躍していきそうな主人公結構よさ気。

モンモランシの指に絡みつくアスタロト凄く可愛い。他のキャラも軒並み可愛い。しかしフィリップはなんかヤバそうだな。

騎士養成学校で一緒だった幼なじみたちとはいろんな事情や意見があるなか上手く協力できないままモンモランシはジャンヌを戦に向かわすことになる。次巻どうなるのか楽しみ。