晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士2 (ダッシュエックス文庫)
 

 アルマニャック派の亡命政府が推すフランス姫太子シャルロットの姫騎士に就任したジャンヌは、モンモランシやアスタロト、乙女義勇軍らと共に、オルレアンへと進軍する。亡命政府にとって最終防衛拠点であるオルレアンは、イングランド軍に包囲され、いまや陥落寸前だった。賢者の石の力を手に入れて、人間を超えた「ユリス」となったジャンヌに導かれ、一同は辛うじて入城を果たした。だが、そこにはジャンヌを狩るためにイングランド軍が派遣した最強の敵が待ち構えていた--。混沌の百年戦争を描き尽くす歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジーの三位一体巨編、運命が加速する第2巻!!

 

歴史戦記+能力バトル+伝奇ファンタジー三位一体の第二弾。

モンモランシはジャンヌや乙女義勇軍らとオルレアンへと向うが、そこには敵のユリスが存在していた。危機に陥るジャンヌにモンモランシは……。

伝奇ファンタジーと歴史戦記が合わさってるから、歴史の云々と伝承や伝説の云々両方の説明があってかなり読むのは大変w でも確かな面白さがある。

ジャンヌは良くも悪くも純粋で幼いから、突き進んでなかなかモンモランシの思惑通りにはいかない。でもその純粋さが市民たちの協力を得られている理由でもあるからな。まあその市民たちも暴走しがちなんだが。

ジャンヌを救うためジャンヌとの約束を破るモンモランシ。カトリーヌと結婚ということになってまた複雑になる人間関係。 しかしカトリーヌのなんとも言えないこの幸薄そうな感じ好きよ。

さらにそれだけでなく、暴走したモンモランシを救うためにジョワユーズの毒に侵されたラ・イルを救うためキスをしたモンモランシ。まあジャンヌとの約束を破りまくり嫉妬されまくる。個人的にはこの展開最高です。どんどんいろんなフラグ立ててるし今後も楽しみ。

フィリップの嫌な予感は当たったな。にしてもあの副作用最高かよ。

アスタロトがなんだかんだで一番かわいい。指に抱きつくのほんと可愛い。

さて、フランスの元帥になったモンモランシこれからどう戦っていくのか。フィリップやリッシュモンとの関係もどうなっていくのか楽しみ。