晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

東京レイヴンズEX3 memories in nest

陰陽師を育成する「陰陽塾」。それは、いずれ夜空に羽ばたく闇鴉の雛たちが、力と絆をはぐくむ巣。誰かに見られたら秘密がバレかねないモノを塾内で紛失してしまった夏目は、春虎たちと夜の塾舎へ潜入することに。最近、夜に塾内を徘徊しているという謎の式神と遭遇して…!?真夜中の陰陽塾での大騒ぎや、天才美少女からのエスケープ、コンの増殖(!?)事件など、陰陽塾での賑やかで鮮やかな日々がここに紡がれる。伝説の陰陽師・土御門夜光と、彼の式神・飛車丸、角行鬼のありし日の憶い出を描いた書き下ろしも収録。

 

かつての平和な日々を送る短編集。

鈴鹿にこき使われてた頃の話に、ソシャゲの話、そして夏目の塾生手帳捜索にコンの増殖、さらには夜光、飛車丸、角行鬼のかつての日々と盛りだくさん。

春虎たちの平和な日々はすでに懐かしく感じるのが物悲しい。

相変わらず夏目はいろいろひどいw ソシャゲにハマって日常を犠牲にするとか夏目らしくて好き。

コン増殖の話はコンにダンスを踊らせただけで幼女先輩ナイスと言わざるをえない。コンめちゃくちゃ可愛い。

そして夜光たちの話は飛車丸とか角行鬼の過去が見れて面白かった。

本編も佳境に入ってて14巻も非情に楽しみ。