読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

マンガの神様 (3)

感想 電撃文庫
マンガの神様 (3) (電撃文庫)

マンガの神様 (3) (電撃文庫)

 

国民的アイドル兼漫画家の夜桜と超人気高校生漫画家の楪葉が、雑誌の売り上げで勝負することに!負けたら連載を移籍するだって!?イベント抽選券にグラビア表紙と、アイドル効果で売り上げを伸ばそうと目論む夜桜陣営に対し、「もちろん負けるつもりはありません」と答える楪葉。僕はなんの心配もしていなかったが、なぜか自信を失っていった楪葉は、漫画をやめるなんて言い出す始末。ふっ、これは天才高校生漫画家である僕こと左右田伊織の出番だな。―この勝負、勝つぞ楪葉!

 

評価:80

 

今回は楪葉に焦点を当てた回。昔の知り合いでアイドル兼漫画家の夜桜と売り上げ勝負をすることになった楪葉だったが、スランプに陥り漫画家をやめると言い出すまでに。

そんな訳で第三弾。

楪葉の内面が見れたり、伊織の主人公らしいところが見れたりしてよかった。

しかし、売り上げを重視するか、面白さを重視するか。面白さを重視して欲しいが、読んでもらわないことには始まらないのも事実なんだよな……ラノベも同じことが言えてなんとも。

漫画家的には割りと頼りになる伊織だが、恋愛的にはなかなか進まないというか霧生さんといい感じになっても邪魔が入る。

そんな中ついに伊織の連載が決まるようで、本格的に漫画家伊織の戦いが始まるのかと思うと楽しみ。