読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

転生従者の悪政改革録

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

 

大好きな七海先輩との下校中、異世界転生してしまった勇利。没落貴族の跡取りとして、仕えるワガママ令嬢に会いに行くと―「申し訳ありませんでした!」と華麗な土下座をキメられた。普段と様子の違う令嬢に戸惑う勇利は、ふとした仕草から彼女が同じく転生した七海先輩だと気づく。元の世界に戻るには令嬢(=先輩)が婚約or悪徳貴族がはびこる王宮での成り上がり!?先輩の婚約回避のため、悪役令嬢とはじめる異世界改革!!

 

評価:86

 

転生というと少し違う気もするが、異世界入れ替わり。

気づけば没落貴族になっていた主人公。そして彼が使えるお嬢様は元の世界の先輩だった。悪徳令嬢だったお嬢様の中に入った七海先輩は正義のヒーローもといヒロインと化す。という訳で2人は元の世界に帰るため、そして主人公は先輩が婚約してしまわないために奮闘する。

純粋に面白かった。貴族が幅を利かせる世界で先輩が持ち前の性格で厄介事に突っ込んでいき解決していくのは気持ちがいい。平民を鍛えて貴族に挑むのは面白い。それも回復魔法を使っての最強の筋トレでw

途中途中入七海先輩に入った悪徳令嬢の視点も面白い。これは帰ってもひと波乱ありそうだ。

今までは学園でのゴタゴタだったが、次からは王宮となってくると一筋縄ではいかなさそうで次巻も楽しみ。