読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

無法の弁護人 法廷のペテン師

「無実の罪を着せられた人々を救いたい―」そんな理想に燃える新人弁護士の本多は、初めての刑事裁判で苦戦を強いられていた。やむを得ず彼が助力を求めたのは、「他人のウソを見破れる」とうそぶく不敵な男、通称“悪魔の弁護人”だった―。陰謀と策略だらけの究極の法廷劇、堂々の登場!

 

最高に面白かった。

正義に燃える新人弁護士が悪魔の弁護人と呼ばれる人物の力を借りて法廷へと挑む話。

裁判の緊迫した空気、そして矢継ぎ早に行われる言葉の応酬が素晴らしい。やはりこういう心理戦というか頭脳戦というかは上手い人のは本当に面白い。

阿武隈の飄々としながら相手を動揺させ見事に論破していく姿はカッコいい。しかしその方法は正しいとは言い切れずまさに悪魔の弁護人。

やはり悪には悪で不正には不正で対抗するしかないのか……。

真っ直ぐな本多とひん曲がった阿武隈のそれぞれ無実の罪を着せられた人を助けたいという思いはどうなっていくのか。これからの2人の関係含めて続刊も楽しみ。

是非ともおすすめしたい作品です。