読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1

感想 講談社ラノベ文庫
リア充になれない俺は革命家の同志になりました1 (講談社ラノベ文庫)

リア充になれない俺は革命家の同志になりました1 (講談社ラノベ文庫)

 

スクールカースト”とは、誰が作るわけでもなく気がついたときには自然と構築されている不思議な階級。その最下層に位置する白根与一は図書部に入るよう命じられる。図書部の廃部にハンストで抵抗する問題児を止めるための人数合わせ(と監視役)とのこと。どんなおかしな奴が待っているのかと恐れながら部室に行った白根だが、彼を待っていたのは純真可憐な黒羽瑞穂と名乗る美少女。しかし口を開けば過激思想発言が止まらない危険人物でもあった。その中に掲げられたスクールカースト紛砕計画に白根は心を動かされ、気がつけば彼女の理解者に?カースト一軍のリア充で黒羽の幼馴染み・中禅寺さくらを交え、おかしな図書部の活動が始まる!!

 

図書部に入る事になった主人公はそこで革命家を目指す問題児に出会う。そしてスクールカーストをぶち壊すための活動に手を貸すことになる。

スクールカーストに挑む過激派ラブコメというところか。

こういうスクールカーストとかに言及した作品すごい好き。カーストの本当のトップはカーストなんか気にしないが、その取り巻きがとかね。すごい好み。 

リア充と争っても前提から負けてるだよな。こういうタイプの主人公でしっかり運動できるのってなんか珍しいな。

黒羽のバレバレな態度が可愛い。しかし個人的には中禅寺の方が好み。ああいうざっくばらんな女の子かわいいよね。

今後はラブコメとしても盛り上がってくれる事を期待しつつ、図書部もとい革命家としての活動も楽しみ。