読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

グラウスタンディア皇国物語7

感想 HJ文庫
グラウスタンディア皇国物語7 (HJ文庫)

グラウスタンディア皇国物語7 (HJ文庫)

 

リジア十二貴族ベルゲンとの命を懸けた交渉から、辛くも帰還した皇国軍師クロム。そんな中、戦況は遂に両国の王が自ら出陣する事態へと発展し、まさに最終局面を迎えようとしていた。果たしてクロムは、現状でも倍の戦力差があるリジアを相手に、皇国を勝利へと導けるのか!?すべての皇国七聖も戦場に集結する第二次リジア戦役、ここに決着!! 

 

一応第一部完ということだけど、打ち切りってことかな……。第二次リジア戦役は終結しキリは悪くわないんだがな。如何せん今までラトルグの方も割とやってただけに。

さて、今回はクロム云々より個人的にはリジア側のナターシャとかベルゲンとかの活躍が大きかったかな。特にナターシャとかすごく良かった。なんだよあのエキセントリックな告白。

あといつも通りフィフニスの奮闘は良い。彼女が隊長だと特攻も辞さない気持ちは分かる。

ラトルグとの戦いも、クロム周りの色恋沙汰も気になるし第二部もやって欲しいな。という訳で期待してます。