読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

魔法科高校の劣等生 (19) 師族会議編 (下)

感想 電撃文庫

死体を操る魔法で自爆テロを敢行させるという残酷な計画を企てた魔法師・顧傑は、気配を消して日本に潜伏していた。この自爆テロ事件によって、世論が魔法師を糾弾しはじめ、人間主義の勢力が勢いづく中、十師族は黒幕の捜査を決める。十文字克人、七草真由美、一条将輝と協力して司波達也は顧傑の行方を探す。しかし、手掛かりを掴んだ達也の前に思わぬ敵が立ち塞がる。USNA軍。米軍最強の魔法師部隊スターズのナンバーツー、ベンジャミン・カノープス少佐も参戦するこの『顧傑』争奪戦は、思わぬかたちで達也を『激怒』させ…!

 

前巻の引きからの今回のあらすじの達也を激怒させの文字を見た時の恐怖とも言えぬ感覚。

という訳でテロリストの調査を続ける達也たち。そこには様々な思惑が絡まる。

まさかというかここで割りとメインどころのキャラを殺してくるとは。しかし達也にしては躊躇した感じが大きかったな。まあその一端が好奇心だったとしても、同情心もあったのだから意外。

あとがきでも味方だったキャラが敵になると書いてあったし、これからの展開はどんどんと厳しくなっていきそうだな。

それにエリカと藤林それぞれの悲しみがまた辛い。

達也は深雪と半裸で抱き合うことで真の力を使えるだと……! 婚約者とは言えなんというイチャイチャっぷり。深雪の我慢の限界がそのうち来るのじゃないかと心配。

本編シリアスな中、最後のおまけ的な(50ページ以上)一条将輝転校日記の酷さw 晒しものでしかない。これ以上一条くんの小物っぷりを晒すのはやめてあげてw

次巻の短編集も楽しみ。