晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (14) 大学生編

学園祭の映画撮影が原因で気まずくなってから、俺と恋ヶ崎はすれ違いがちに…これってもしかして、カップルの危機!?こうなったら俺が直接、北海道まで行くしかない!恋ヶ崎の大学生活を初めてのぞいてみたり、デートスポットまでドライブしてみたり。そんな時、行きたいところがあるって言い出した恋ヶ崎。そこは…まさかの温泉旅館!?しかも、露天風呂が部屋についてるって!?「あんたと一緒に入りたかったの!」2人きりだけの刺激たっぷり混浴体験に、酔いも回って俺も恋ヶ崎もいつも以上の大暴走!?恋ヶ崎と満喫する北海道デート!そんななか…え、なんで長谷川も北海道に!?

 

前回の学園祭の映画から気まずくなった柏田は恋ヶ崎に会うために北海道へ向かう。

柏田モテすぎ訴訟。流石にフラグ乱立し過ぎじゃないですかね。

深瀬さんが柏田に彼女がいることを知ったとことか好き。ここ関係でこう修羅場ってくれれば個人的に嬉しい。

長谷川さんはやっぱり振り切れてないよな。小豆ちゃんとは違って何があったというわけでもないから余計にな。

まあかく言う柏田は恋ヶ崎ラブ過ぎてアレなんだけど。今回は恋ヶ崎が積極的でなかなか可愛かったな。

オタリア大学生編もそろそろラストなようだけど、今回の最後はあまりにも順風満帆で逆に心配になるレベル。

次巻も楽しみ。