読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晦日の夢でラノベを読む

ライトノベルの感想をだらだら書いていきます。

緋弾のアリア (22) 彗星よ白昼夢に眠れ

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。緋緋色金の謎を解き明かし、緋緋神を宇宙に還したのも束の間、キンジは不知火と旧公安O課に殺人容疑で逮捕されてしまった。絶対的な戦力と公権力を兼ね備えた巨O課は、4月で高3になるキンジを自分たちの一員として強引に抜擢しに来たのだ。しかしキンジは自分ですら思いも奇らなかった“ある出来事”でそれを退け…?大スケールアクション&ラブコメディー第22弾!

 

この作品を読むと本当に安心する。これがラノベだって感じで最高にエンタメ。

キンジ留年するということで相変わらず波乱万丈な人生を送っている。

公安0課に逮捕され、留年で九死に一生を得て、恩が出来た理子の元へ行くのは非常に良かった。こうでもしないとアリアの元に行ってしまうからな。

しかし今回は理子がめちゃくちゃ可愛かった。これは最高の女すぎるでしょ。積極的で明るく、物分かりいいし引き際も分かっててもう言うことないでしょ。アリアや白雪みたく暴力的じゃないしねw 

表紙のレキに出番なし……。

キンジは海外留学を控えてるのに問題は山積みだな。それに今回の危機は武力じゃ解決しそうにないしどうなるのか楽しみ。

キンジは最初の頃から考えると随分好戦的になったよな。個人的にはすごくいいですね。